So-net無料ブログ作成
ヘアケア ブログトップ

パーマがうまくかからない [ヘアケア]

パーマがうまくかからない



ヘアースタイルは 髪の毛が作るものです


スポンサーリンク




って当たり前ですが



ご本人の髪の状態 そのかたのお手入れの仕方 ライフワークなどにより 



ヘアースタイルのチョイスは 変わってきます。



もちろん ご本人の好みは この上なく重要です^^ね



ヘアースタイルに関しては お客様の好み 



ある意味 比較的つかみやすいです







美容師として お客様の髪は それはそれは慎重に取り扱います



特に新規の方は 特に慎重になりますの



お好みはもちろん その髪の施された履歴



たとえば



いつパーマをかけたのか

いつカラーをしたのか

お家での手入れはどんな風にしているのか


スポンサーリンク




そういったことが 全くわからない



ですので  より慎重に聞き取り調査から始めます



そして ご来店の時の 髪状態の把握



濡らした時の 髪の状態



確認することは 本当にたくさんございます





でもね 時々騙されることも・・・



履歴をうかがうと かなり傷んでいる なのに



どう見ても触っても 健康毛だなっと 感じてしまうことがあるのです



そして 健康毛だと思いこみ パーマをかけてしまうの 



その結果 とんでもないに なることがるのです



こんな時は ご本人が一番ショック ですが 美容師もかなり落ち込みます



お客さまには 申し訳ないのですが そういったこと 一年に一回ほど ・・起こります







新規のお客様の髪を触るのは 本当に気を使いますです



初めて行く美容室・・・できれば、最低でも 



3回は 同じ美容室 美容師さんにゆだねたほうが いいのです



ご自身を知ってもらうのが 一番素敵な 自分を作ってもらえる 可能性 大 です





パーマがうまくかからない



思うようにパーマがかからない



理由は 大きく分けて2つあります



一つは もともとかかりにくい髪 ということ



これは 髪が太いとか 細いとか は あまり関係ございません



とにかくかかりにくい髪が あるのです



まあ 性格と 髪は 意外とリンクしておりまして



これは 私の個人的な意見なのですが 頑固かなぁ~って かた やはりかかりにくいです



ちなみに 私が 本当にパーマがかかりませんぬ





さてパーマがうまくかからない 理由その2は



髪が 完全に傷んでいる場合



です。



細かいお話は いたしませぬが パーマがかかる とは 



どういう事が 髪の中で起こっているのか



簡単に お話しますね 



髪の毛は様々な たんぱく質からできております



そのタンパク質が それぞれ がっちりとスクラムを組んでいる



そんな状態を イメージしてくださいね



髪の中のたんぱく質の結びつき(スクラム)を パーマ液という石油合成の化学薬品を使って いったん切り ます



スクラムを組んでいるたんぱく質たちを バラバラにするのね



そして ロット をまいて 形作る



再び石油合成の化学薬品で 先ほど切った場所とは違う結び付を持たせて くっつけます



イメージは さっきと違う相手と スクラムを組む 



補足ですが 髪や頭皮は 弱酸性が基本ですが パーマで最初に使う薬品は アルカリ性 くっつけるために使う薬品は 酸性



パーマ液を使って 今までがっちり組んでいいたスクラムを崩し ロットをまくことで 違うフォーメーションに変える



そしてパーマ液に2液で しっかり接着



新しいスクラムは 壊れません



わかります?



そのようにして 髪の形を変えるのが パーマです。



頭の上では すごいすごい 化学反応が 起こっておりますのよ~





髪の内部には いろんな種類のたんぱく質が詰まっております



このたんぱく質を 切ったり くっつけたりするのがパーマをかける ということ



イメージできるかなぁ





パーマがかかりにくい というお話でしたね



では パーマ液の効果が発揮される たんぱく質がなかったら



スクラムを組んでいる人たちがいなかったら



あるいは極端に少なかったら



どうなるのでしょうか





元々 切るものもあまりない?状態だったら くっつくものもない



1本の髪の形が変わるのに 100の結びつきを切り 100の新しい結びつきを作ることで 1本の髪にしっかりパーマがかかるのねん



ところが 1本の中に 30本しかなかったら? どうなるかしら?



これが パーマがうまくかからない 



あるいは すぐパーマは取れてしまう



理解できるかな?





パーマの前処理に このたんぱく質を髪に入れ込む トリートメントがありますが



スクラムを組む 人員を増やすイメージね



やはり本来の髪のたんぱく質ではありません



髪の中から 時間ともに 流れ落ちます



そうなると やはり すぐ取れてしまう ことになりますね。



今回は たんぱく質欠乏症?の髪のことです





パーマやカラーが 髪を傷めること 何となく理解している方 多いと思います



では なぜそれらで髪が傷むのか?



は 徐々にね


パーマがうまくかからない
理由











「ヒーリングヘナリスト養成講座・ベーシック」
資料請求はこちらから★



ブログで紹介されている商品が欲しい!
そんな方はこちらから→★



スポンサーリンク


タグ: パーマ 傷む

共通テーマ:テレビ

永遠の美髪を作るシャンプーテクニック [ヘアケア]

永遠の美髪を作るシャンプーテクニック
スポンサーリンク



髪の艶とボリュームは、実年齢よりも若く見せてくれます。



逆を言うと、ペタンとしてパサついていると、年齢より老けて見られてしまいます。また、貧乏くさくなってしまうことも(汗)。そんなのは絶対に嫌ですよね。



女優のように艶とボリュームをいつまでもキープするためはほんの少しいつもと違うテクニックを取り入れてくださいね。お料理でいう隠し味です。多くをすることはないのですよ。


永遠の美髪を作るシャンプーテクニック

その隠し味、毎日使うと、3か月後にお友達が、あなたの髪の美しさに、その秘密を聞いてきますよ!






永遠の美髪を作るシャンプーテクニック

①乾いた状態でブラッシング。

・・・・髪の絡みをほぐします。頭皮に適度な刺激を与えることと、詰まっている皮脂を柔軟にします。
ポイントは、ブラッシングブラシ(猪毛など)使うこと。プラスチックのブラシだと静電気が起きてしまいますからね。静電気は枝毛を作る原因になります。





永遠の美髪を作るシャンプーテクニック

②しっかりと濡らす。
・・・濡らすというよりは、「水だけで洗う」感覚です。 これはしつこいぐらい、流したほうがいいですよ。実は、これでほとんどの汚れは取れてしまいます。

③シャンプーを適量手に取ります。
・・・自分が思うシャンプーの量の半分ぐらいで十分です。手のひらにシャンプー剤を伸ばし、髪表面からつけて、頭皮に指を届かせます。十分に空気を含むように、シャンプー剤を髪全体にいきわたらせます。

④頭皮を洗う
・・・シャンプーは実は、髪を洗うというより、頭皮を洗う。という感覚に変えたほうがいいですね。頭皮を洗っていれば髪は自然にきれいになっています。


永遠の美髪を作るシャンプーテクニック





⑤よく流します。
・・・頭皮にシャンプー剤が残らないようにしっかりと流します。

*汚れがひどい場合は、2回シャンプーをします。
手順は、同じです。

⑥トリートメント
・・・軽くタオルドライをしてから、適量を髪全体に付けます。トリートメントは髪に付けるもので、頭皮に付ける必要はないですよ。

*最近では、流さなくてもいいタイプのトリートメントが出ています。
この場合は、かなしりっかりとタオルでドライしてから、適量を髪全体に付けてくださいね。

⑦ドライ

・・・根元を中心にしっかりと乾かしてください。
ポイント!髪が乾いているように思っても、根元が湿っていることがあります。根元をしっかりと乾かすと寝ぐせが付きにくくなりますよ♪



毎日するシャンプーです。ちょっとの手間で、女優のような艶とボリュームのある髪に仕上がります。あなたの3か月後が楽しみにです^^



と、どんなシャンプーを使っても同じということは、正直言ってありません。



あなたに合うベストなシャンプーを選ぶ方法はこちらから→★





「ヒーリングヘナリスト養成講座・ベーシック」
資料請求はこちらから★



ブログで紹介されている商品が欲しい!
そんな方はこちらから→★

スポンサーリンク

永遠の美髪を作るシャンプーテクニック




共通テーマ:テレビ

女性の脱毛が増えている本当の理由 [ヘアケア]

女性の脱毛が増えている本当の理由



1988年ごろの話です。



当時「朝シャン」という言葉が大流行しました。これは、夜ちゃんとお風呂に入って髪をシャンプーしても、朝出かける前に再びシャンプーをするのが当たり前の時代がありました。


スポンサーリンク




女性の脱毛が増えている本当の理由






まるで「朝シャン」しないのは、ばい菌扱いのような時代がありました。

「朝シャン」して初めて、身だしなみが整った素敵な大人であるかのようにです。

しかし、大人のみならず、特に女子中高生の間でもはやり、髪からシャンプーの臭いが香ってくることが持て条件の一つになっていたことまで^^



当時中高生だった方たちは今、40代50代になっています。



その朝シャンの付けが、今どのように来ているのか?



その一つに脱毛があげらるます。



朝シャンプーをしていけないというお話ではありません。



当時使用していたシャンプーは、ほとんどが石油合成の界面活性剤でできた洗浄剤を使ったシャンプーです。



シャンプーの本来の目的は、頭皮の皮脂や汚れを取り除き、髪を美しく保つことですよね。



しかし、石油合成の界面活性剤を使用したシャンプーは、必要な皮脂まで取り除きます。



10代は皮脂の分泌が盛んなので、毎日のシャンプーは必要条件ですが、一日に2回のシャンプーはやはり頻度が高すぎます。皮脂を取りすぎるのね。



髪につやがあってしなやかな状態というのは、皮脂と水分のバランスがとても大切です。



しかし必要以上に皮脂を取ってしまうと、水分さえうまく頭皮に回らなくなります。



したがって、ある程度、頭皮に皮脂を残すことはとても大切なことなのです。水と油のバランスが取れて初めて美しい髪を保つことができるのです。



そしてもう一つ重大なことがあります。



シャンプーに使われている洗浄の部分です。このあらうという仕事をしてくれる部分が、石油合成の界面活性剤(洗浄)を使用しているシャンプーがほとんどなのです。

この石油合成の界面活性剤は、たんぱく質を壊すという性質があります。頭皮も髪もたんぱく質でできています。



簡単に言うと、シャンプーをすることで、たんぱく質でできている、頭皮や髪も壊されているということになります。



このたんぱく質を壊すという事柄を毎日毎日続ける。するとどうなるか想像できますか?頭皮そのもの髪そのものを少しずつ壊しているのと一緒なのです。またもう一つ重要なことに、経皮吸収といって、体内に侵入していきます。


女性の脱毛が増えている本当の理由


使い続けて、何十年たって、髪が細くなり脱毛がひどくなっているのは、何十年も前の日常が原因である可能性は非常に高いです。



女性の脱毛が増えている本当の理由は、こんなところに存在するのかもしれません。



「ヒーリングヘナリスト養成講座・ベーシック」
資料請求はこちらから★



ブログで紹介されている商品が欲しい!
そんな方はこちらから→★


スポンサーリンク


女性の脱毛が増えている本当の理由

共通テーマ:テレビ
ヘアケア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。