So-net無料ブログ作成
検索選択

ためしてガッテン!胸焼けの治し方 [ためしてガッテン!]

ためしてガッテン!胸焼けの治し方

食事をしたすぐでも、随分前に食事をしたのに胸焼けが起こる。

そしてい妻でも続く胸焼けは嫌なものです。
スポンサーリンク



ついで位の膨張間。

おなかがすくまでこの感覚がずっとの凝り続けている。何とも不快感が続きます。

胸が張って、食道が詰まって胃が張る。

一体どうして、いつまでこんなことが続くのでしょう。

元々位の弱い方や、胃炎のある方に起こりやすいのが胸焼けです。

ではなぜ胸焼けがおこるのでしょう。

また胸焼けと感じるのでしょう。

私も長年、この胸焼けに悩まされています。

すっきりと解決できるならすぐにでも解決したいものです。
スポンサーリンク




では、その胸焼けの原因から

一般的な食べすぎによる胸焼け、
それ以外の胸焼け胸焼け、また胸焼けが症状として表れている病気のお話。

胸焼けと一言でいっても、人によって異なる症状があるそうです。



まず、胸焼けの症状が特に食後に感じる場合、考えられる病気についてご紹介します。

食後1時間から3時間ぐらいのあいだに胸焼けのほか、みぞおち部分に痛みを伴う場合。
また、このような症状が食事をすることによって和らぐ場合には胃酸過多症や胃・十二指腸潰瘍の可能性があるそうです。

また、胃酸過多症や胃・十二指腸潰瘍の場合、ゲップをすると酸っぱいような感じが残るのも特徴的な症状の1つです。

一方、ゲップが苦いような感じがする場合には、胆のう炎や胆石症の可能性があります。
この場合、ゲップの苦さに加えて、みぞおちから右上部分に痛みを伴いまうそうです。

ちょっと怖いのは、背中や肩も同様に右部分だけに痛みを感じる場合には、胆のう炎や胆石症を疑ってくださいとのこと。

胃酸過多症や胃・十二指腸潰瘍の症状と同様に、食後胸焼けを伴う場合には、慢性胃炎や胃がんの可能性があります。

この場合、胸焼けのほか、嘔吐や食欲不振、ゲップなどの症状があらわれます。
また、常にどこか胃が膨れているような感じがするのも特徴的な症状の1つです。

と中々恐ろしいお話が出てまいります。

ではそれらの重篤ではない場合、どのように対応をしていけばいいのでしょう。

胃の悪い方にとって、刺激物やアルコール、喫煙は避けるように指導されます。

しかしそうはいっても、嗜好品といわれるものをすっぱりと辞めるのはなかなか難しいものです。

やはり普段の食事から何気なく改善されrことが一番だと思います。

漢方も手っ取り早いのかもしれませんが、こちらはやはり高価なもの。


では、胸焼けを解消する代表的な食べ物!と言えば「大根」です。


大根にはジアスターゼという消化酵素がたくさん含まれ、胃の消化を助け、胸焼けの症状を解消してくれます。
ですので擦りおろしやサラダといった生で食べることがベスト!。
なぜなら、大根に含まれるジアスターゼは熱に弱く、煮物や焼くなどの熱加工をすると分解されてしまうからね。

他にもキャベツやレタス、山芋やセロリ、豆腐や白身魚などが胸焼けを解消してくれます。

お食事の時に、じゃこおろしやキャベツを用意しておくのはいいようです。

居酒屋でもまず、じゃこおろしからいただきましょう^^




出演者:柴田理恵、カンニング竹山、山瀬まみ

スポンサーリンク



ためしてガッテン!胸焼けの治し方

共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。