So-net無料ブログ作成
検索選択

情熱大陸!スマートフォンアプリとAKB48 [情熱大陸]






こんにちは、真紗世です

情熱大陸!スマートフォンアプリとAKB48



日増しに増えるスマートフォンアプリ。

スマートフォンを使い始めて、もう3年近くなるのになかなか使いこなせない私。

アプリも星の数ほどあるけど、一体いくつまともに使えているのやら?

小学5年の娘が、日々勝手にわたしのスマートフォンに勝手にアプリをダンロードしているぐらいです。

もちろんかわいい小学生は

「ママ~!このアプリ、ダウンロードしていい?タダだよ~」

と一声はかけてくれるのですが・・・。

スマートフォンでもアイパッドでも何でもかんでも、買って来るのは私で、使いこなすのは娘。

小学生はなぜにあんなことがすぐにわかるのか?既に天国でレッスンしてきた来たとしか思い用がありません(涙)

さて今回情熱大陸で紹介されていたのが、最新鋭のスマートフォンアプリ。

情熱大陸は、好きなんだけど、いかんせん時間遅くてなかなか最近は見ていませんでした。

でもひさしぶりに見る「情熱大陸」は、やっぱ面白い!です。

今回の番組(情熱大陸)で紹介されていたのが冒頭のスマートフォンアプリとその開発者。最新鋭のアプリケーションです。

すごい世界です。

よくたとえられる、手塚治虫の未来の世界がここにある!ってな感じかしら。

この情熱大陸では、いつも人をクローズアップするのですが、今回はスマートフォンアプリの開発者「川田十夢(トム)氏」
1情熱大陸、スマートフォンアプリとAKB.jpg

彼の開発いたアプリがすっごいというお話。

そのすっごいアプリの説明を少々。

AR(拡張現実)

これは今後スマートフォンの普及携帯市場の40%近くになることを見込んで開発されているようです。

このAR=拡張現実とは何か?

スマートフォンのカメラを通してにスマートフォン画面に映し出される「現実」を、ディスプレイ上でクリックすると、
その画像に説明やほかの画像、3D画像など、そこにはないさまざまな情報を重ね合わせて表示できること。
また、ユーザー(そのスマートフォンを使っている人)がその場所の情報を登録し、他のユーザーと共有したり、メッセージを交換できること。これをARというそうです。

ここまでいいですか!


たとえば、あるお店が「AR」上でしか見えない商品用の「ボタン」を設置したとします。
そのお店にアプリの「AR」をダウンロードしたスマートフォンを持ったあなたが行きます。
カメラでお店を映すと、スマートフォン画面上でのみ商品のボタンが出てくる。
そしてそのボタンを押すと、アプリ「AR」上でしか扱わないキャンペーン情報や実際の商品の詳細な解説が表示される。
2情熱大陸、スマートフォンアプリとAKB.jpg

となんとなくわかりました?

これは従来のQRコードと違い、その場所やそのものをデーター(情報)として認識することのよです。

もうびっくりです。

 これはお店に限らず、動物園や博物館、名所や旧跡などのバーチャルツアーガイドとして使えるのだな。
動物がいる場所や展示物などの前でアプリ「AR」が入っているスマートフォンを向けると、音声や説明文、写真などを用いた解説が始まる、といった感じ。


さて情熱大陸では、これのまた進化系。テレビを多次元化する方法やっておりました。

そのモデルがAKB48。

AKB48とといえば総選挙やじゃんけん大会。

何かとファンを巻き込みながら成長してきた彼女たち。

そんなAKB48が、テレビ上で電話はではなく、そのスマートフォンアプリ「AR」を使って、いま、このリアルタイムで総選挙をしてしまうという実験をしております。(驚)

情熱大陸番組中、まずはこのアプリをスマートフォンを持つ視聴者がダウンロード。

そして番組(情熱大陸)放送時間・リアルタイムで、そのテレビ画面(AKB48が写っている)にスマートフォンを向ける。

そして、スマートフォン(「AR」のアプリがダウンロードしてある)の画面(AKB48が写っている)をタッチ。

えっ~と、スマートフォンの画面も番組(情熱大陸)の画面も分割されてて、メンバー(AKB48)の一人ひとりがクローズアップされている状態です。

そのクローズアップされている、自分が応援したいメンバー(AKB48の)をスマートフォンの画面上でクリック(タッチ)する。

クリック(タッチ)された数を瞬時で集計しながら、画面に(番組(情熱大陸)もスマートフォン上も)映されるAKB48のメンバーは、どんどん少なくなっていく。

最終的に2人になり、ついにはひとりが選ばれる。

AKB48の総選挙が一瞬でできる。

いままでは、彼女(AKB48)のCDを買ったしとだけが選挙権があったような気がするのですが、そういう垣根をとっぱらった選挙や企画が可能になる。

その間2~3分だったかな。約10万人が参加し、3万人分のデータが処理されていたようです。

AKB48の彼女たちも、ますます大変になりそうな予感。

なんだか凄じ時代がやってきました。


こうしたことのほかに、他角度的に画面を見ることも可能になるようです。

テレビは、今ままでの常識ではテレビカメラが映し出す表面だけ。

しかしこのアプリを使ってスマートフォンで見ると、自分の好きな角度で視聴が可能だと。

意味がわかりますか?

AKB48の好きなメンバーを好きな角度から見ることができる。しかもテレビなのに!

昨日の情熱大陸の中でもそんな実験が同時に行われました。


スマートフォンもそのアプリも一体どこまで、進化をするのでしょう?

ついていけるのかしらと心配するのは、やめときましょう。





共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。